Heihoたゆすとの趣味生活

ゲーム、アニメ、ネットなどの話題を中心に、出来るだけ毎日記事を投稿...したい(願望)

               

俺ガイル12巻読破完了!感想・考察等(※ネタバレあり※)

f:id:tayusuto41:20170922213637j:plain

9月20日に発売された、ラノベ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』の12巻。

Amazonで頼んだ``せい‘‘で9月22日に届きましたが、忙しい合間をぬって、やっと読み終わりました。

大佐、読破完了です!

 

※以下ネタバレあり※

 

 

今回もぽんかん⑧マジ神!挿絵最高でした。ゆきのんもガハマさんも可愛い!

そして今回は、11巻の終わりの続きの水族館シーンでだいぶ尺を取ってましたね。そりゃあと2巻分話が続く訳ですよ。

あと小町の受験が合格したんですね。良かった!

まあ川なんとかさんの弟の川崎大志まで受かっちゃったんですけどね。小町泥棒っぽくて怖いぞお。

そして前からですが、陽乃さんがどんどん悪役になって行きますね(笑)。毎回痛い所を突いて来ていました。

それ以上に雪ノ下母が怖い!

おっとり微笑を交えて喋っているんですが、ラスボス感漂っていて怖いとすら感じないほど。

最終的に生徒会で開催予定だった『プロム』が、この人によって中止に追い込まれるんじゃないかってレベルですね、現状。まだ確定じゃないですが。

しかし、せっかく雪ノ下が自分一人で誰にも頼らず動き始めて、ものすごく順調に行っていたのに、やはり上手く行かないのがこの物語。上手く行ってたらもう完結してるよ。

そしてこちらも上手く行かないんだ、三人の関係...

当物語主人公の比企谷も、陽乃さんに「三人のこの関係性をなんと呼ぶでしょうか?」と聞かれて、「三角関係」とか言ってましたし。自覚症状アリなのか。

そのプロムのシーンや準備では比企谷と由比ヶ浜の2ショットが多かったので、雪ノ下が譲り気味。

これらから、雪ノ下の境遇が段々可哀そうになってきますね。家族との関係もちょっと。

しかし最後のシーンで、下校途中だった比企谷が、プロム中止の決定確実に近い事を知り、平塚先生に電話して、雪ノ下らが居る学校へ戻るところで12巻は終わってます。

その時に、由比ヶ浜は涙を流しましたが、雪ノ下の事を知れて少し安心したから涙が出た、と言っています。しかしこれは虚言で、比企谷の事を前から雪ノ下に譲ろうとしてましたが、ここで完全に諦めることを決意して、涙を流したのではと最後の2ページから思ったり。

負けヒロインとは確定してませんが、比企谷が、この物語の今一番の課題となる、どちらを選ぶのかが分かってくると思います。まあ‘‘どちら‘‘とは限りませんが。選択肢も可能性も無限にある訳であって。

 

今回は雪ノ下の出番が少ない気もしますね。ただし、登場人物一覧の二番目に雪ノ下が書いてあるという事と、雪ノ下を助けに行く時に、比企谷が助けに行く理由として「いつか、助けるって約束したから」と述べている事から、考えられるエンドは雪ノ下という可能性が一番高い気もします。

登場順も雪ノ下が先だったし...と言う、よくある一番最初に出て来たヒロインがメインヒロインと言う展開は本作に置いて通用するのか否か。

 

12巻も楽しませてもらいました。

13巻&14巻はいつ出るんでしょうか? もう冗談無しで五年後もあり得るでしょ。

僕は比企谷の選出する答えを受け入れます。

あと毎回楽しみにしていた渡航さんのあとがきが欲しかったです(笑)。

 

 

【リンク】

↓俺ガイル12巻

Amazon CAPTCHA

↓俺ガイルホームページ(原作)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。::小学館::ガガガ文庫

 

にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

ゲーム好き、アニメ好き、ラノベ漫画好き、インターネット大好きマンなフレンズを募集中!