「十二大戦」3話感想 3話の語り手の庭取、これはもしや...



👇サイトはこちらに移行しました

f:id:tayusuto41:20171004172908j:plain

毎週火曜放送「十二大戦」3話が放送されたので、感想を書きます。

こんなに投稿が遅れたのは察して頂だけると(以下略w)

 

十二大戦公式HP】

12taisen.com

 

やっぱり、庭取(以下面倒なため鶏で)は小賢かったし、あざとかったですし、虚言を吐いていましたね。

「ついばんで殺す」とか怖すぎます! この裏切り者!?

ほんと昔から騙しをしていたとは、この物語の登場人物、過去が暗闇の人しか居ないレベルw。

f:id:tayusuto41:20171020231929p:plain

 

しかしサルを殺そうとしたものの、結局手が動かなかったのは、やっぱり鶏にはそうする様な、少しの気持ちの変わりがあったのかと思います。

 

そして、この3話の語り手になっている時点で、死亡フラグをぷんぷん漂わせていましたが、やっぱり鶏は殺されましたか(笑)。

あの上手い具合に進む話には、これは参りましたよ(笑)。ちょうど牛が登場するとかもう怖い。

 

しかも出番少ないのに馬は殺されてしまったんですかね?

ここで牛が、この後ろにサルが居るということ、察することが出来たとか、この物語最強キャラだろ!って思いました。

 

結局、鶏の性格は変わってしまったんでしょうかね? なんでサルたちを守ったりしたのかが、分かるようで分かりませんね。

あと、サルとネズミのゆとり様はなんですか!(笑) 何か戦略はあると思うんですが、何なのかが気になりましたね。

 

そしてこの物語、前回も話しましたが、死亡フラグの立て方が分かりましたね。

それは、その回で語り手(ナレーター)となった人物は、その回の終わるまでに殺されているということ。

 

もう語り手の声聞いただけで、こいつ今回で死ぬんだって察しましたね(笑)。

察せないように、話の作り方を改善して欲しいと思いました。

最終的に、やっぱりかってなってしまうんで。

 

それでは!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Twitter(フォローお願いします!)→ Heihoたゆすと (@Heiho70416763) | Twitter

↓読者登録お願いします!

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

https://ground.fc2.net/blog-entry-1.html