「十二大戦」8話感想 辰巳双子兄弟について深く掘り下げて行く回



👇サイトはこちらに移行しました

遅くなりましたが、「十二大戦」8話を見たので感想書きます。

 

今回も辰巳兄弟の話でしたね。

十二大戦は、主にバトルシーンと回想シーンがあるわけですが、今回は辰巳兄弟の回想シーンでした。

昔、この双子兄弟が何をしてきたのかが分かりました。

 

彼らは一体何がしたかったのか。

前回までは、ただの泥棒やテロリストなどの犯罪を犯してきた兄弟かと思いましたが、もっといろんなところが見れました。

一言で『暇つぶし』の為と言っていますが、実際のところはどうなんでしょうね。

f:id:tayusuto41:20171124224208j:plain

 

そしてアニメ20分経過の辺りで、やっと回想シーンが終わり、前回の続きを見ることが出来ました(笑)。

丑と寅が助け合い(?)、巳の死体と戦う手前で話が終わりました。

って、全然話進んでない!(笑)

 

けど、よりこの辰巳兄弟のことを知ることが出来、なんか色々なところが深い話だなあと思いました。

 

それでは、楽しいアニメライフを!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Twitter

Heihoたゆすと (@Heiho70416763) | Twitter

★記事が面白いと思ったら読者登録お願いします!

 


にほんブログ村

https://ground.fc2.net/blog-entry-1.html