「十二大戦」最終回(12話)感想 鼠の希望した願いとは...



👇サイトはこちらに移行しました

十二大戦」もいよいよ今回で最終回でした。

話は完結したので、2期は無さそうですが、先に言って面白かったです。

話もよく出来ていて、ある意味今回は考えさせられました。

 

今回は、優勝した鼠がずっと何を願うか考えていました。

しかし、鼠は願いも希望も欲も無いという、陰キャな高校生...

途中、フラグが立つのか立たないのか微妙なクラスメイトの女の子も居ましたね。

最初は、その子と結ばれたいとか願うのかなぁと思いました(笑)。

f:id:tayusuto41:20171220222526j:plain

ブコメじゃないんで違いましたけど(笑)。

 

そして、鼠の100の展開を予想出来る能力で、他の11の戦士がどんなことを願っていたのかも明らかになりましたね。

これで、印象が変わったキャラも居ました。

例えば、犬はああ見えて、保育士になりたくて、小さな子の養育費やらを払って、小さな子を見捨てない、意外と紳士だったりだとか(笑)。

 

結局、1話で死んだ猪も出て来て、登場人物が全員出て来ましたし。

流石最終回。

てか、猪さん、ハーレムにして35億人の男に囲まれたいって願ってましたよね(笑)。

何ゾンちえみですか?(笑)

というか、35億人の男って、自分もカウントされてる!

 

そして、鼠は何を願うのか、歩きながら考えていたり、普段の高校生活や言動を見ると、俺ガイルの主人公の比企谷八幡にしか見えませんでした(笑)。

f:id:tayusuto41:20171220222823j:plain

いやいや、ネガティブ過ぎだし、願いあるのか無いのか...

 

そして鼠が考えに考え、希望した願いは「十二大戦優勝者に贈られる、たった一つの願いを忘れさせて欲しい」ということ。

f:id:tayusuto41:20171220223319j:plain

なんとも無欲!

 

自分だったら「願える回数を無限にして!」みたいな、稚拙の混ざった願いを希望しますね(笑)。

なんとも貪欲!

 

そしてこのまま、十二大戦の願いのことは忘れ、何も変わらない日常へと戻った、ということでした。

完全に最終回は鼠の一人称視点で話が進みましたね。

 

結局、十二大戦で優勝した人物だけが、願うものが無かったということです(笑)。

 

ということで、十二大戦最終回でした。

f:id:tayusuto41:20171220224011j:plain

このアニメを見始めた動機は、予告PVを見て、好きな声優さんが沢山出てるから、というなんとも幼稚な動機でしたが、結局ハマってしまいました(笑)。

予期せぬ展開や、裏切り、仲間になったりと、非常に熱い戦いでした。

個人的に10話、11話、そしてこの12話に駆けてが、一番面白かったと思いました。

自分はラブコメ系のアニメが好きなので、こういうバトル系はあまり見てませんでしたが、久しぶりにバトル系で面白いと感じた作品でした。

 

それにしても、たった一つだけ願いを叶えるならどうするか、というのには、かなり考えさせられましたね。

これが人間の悪いところで、願いたいものが多すぎて、さっきの僕みたいな回答になるんです(笑)。

 

『叶わないから夢であり、それを追いかけることができる。簡単に追いついちゃったらつまらない。だから願いは努力をして叶えるものだ。』ということですかね。

 

それでは!

 


にほんブログ村

https://ground.fc2.net/blog-entry-1.html