Heihoたゆすとの趣味生活

ゲーム、アニメ、本、ガジェット、ネットなどに関する話題から適当に文章を紡ぐブログ

               

【2018年冬アニメ】「スロウスタート」12話(最終回)感想 近道だけが人生じゃないって分かったほのぼの日常アニメでした!

幸せは、ゆっくり始まる「スロウスタート」。

いよいよ最終回です。気になったところをピックアップしながら感想を。

 

 

今回の前半は夏休みの登校日。

まず最初は登校日前日、花名ちゃんが親からプレゼントが届くんですが、まさかの現金www

f:id:tayusuto41:20180326062857j:plain

そりゃ~花名ちゃんも、私要らない子かな?って思っちゃいますよね(笑)。

まあ僕は現金の方が良いんですが。

 

 

そして次の日の登校日、いつも通りのほのぼのとした四人の会話。

f:id:tayusuto41:20180326063100j:plain

どうやらたまてちゃんがかむりちゃんの手懐け方がレベルアップしているようですが、それは置いといて後日みんなで服を買いに行くことに。

あの現金は服に使うんですね、流石女の子、JKだ!

 

まあその時の会話で、かむりちゃんが服として全裸を提案するくだりがあったんですが、これも絶対脚本家の策略ですよねw

てか全裸は服じゃないから! 何、全裸族なの?

 

 

そして次のシーンは、栄依子ちゃんと先生のコンビ。

まあ際どいシーンがあったことw

f:id:tayusuto41:20180326063516j:plain

栄依子ちゃんが先生に飴をあげるんですが、学年主任に見つかって怒られるので、先生が口に含んだ飴を栄依子ちゃんに戻すというシーン。

これ間接キスってレベルじゃねぇwww

栄依子ちゃんはからかおうとしてやられてますし、先生は素でからかってるし(本人は気づいて無い)、どっちがからかってるのやら分からないですね。

 

あと、栄依子ちゃんが他にも飴をまだ所持していたりする描写から、先生の事が密かに好きだということも伝わりますね。

まあ前々から皆気づいていると思われますがw

 

まあ本当、この二人は良いコンビですよね。

特に百合百合しかった点がw

 

 

続いて次のシーンは、万年さんが夏季講習に明日から行くぞというところ。

f:id:tayusuto41:20180326064048j:plain

制服にまで着替えちゃってて、かなりのやる気がひしひしと伝わって来るんですが、夏季講習って私服の人が大半じゃないですか?w

まあ制服フェチの僕にはかなりのサービスシーンだったので、何も問題はありません!

やっぱり女の子は制服だよな!(ただの変態)

 

 

そして次のシーンですが、何の脈絡も無く突然よく分からん話が展開されますw

f:id:tayusuto41:20180326064402j:plain

「あなたが突き落としたのは金のたまてちゃんですか?それとも銀のたまてちゃんですか?」

 

うん、ツッコミどころが多すぎるから一つずつ整理するね。

まず‘‘あなたが突き落としたのは‘‘ってところだけど、落としたんじゃなくて突き落としたんですねw

口悪いなぁwww

次に落としたのがたまてちゃんの生首だという点。

どういう経緯で花名ちゃんが落としたことにさせられるんだよwww

 

結局これらは全部花名ちゃんの夢オチでしたwww

とりあえず酷い夢だということだけ分かりました。

 

 

そして次のシーン、登校日後日、みんなでお買い物!

てか登場キャラみんなオシャレしたり髪形変えたりしてて可愛い(*^^*)

f:id:tayusuto41:20180326064850j:plain

まずは花名ちゃんの服のお買い物から。

親からむしり取った、じゃなくて貰ったお金で服選び。

うん、やっぱり花名ちゃんは素材が良いから何来ても似合う!

 

そして次は、かむりちゃんと栄依子ちゃんのお誕生日の間の日というよく分からん経緯で、かむりちゃんと栄依子ちゃんの誕生日プレゼントを買うことに。

f:id:tayusuto41:20180326065203j:plain

選んだのは、前に花名ちゃんとたまてちゃんが貰ったクマのぬいぐるみの色違い!

ってか、可愛い女の子と可愛いぬいぐるみの、違う意味同士の可愛い×可愛いはアウトですよw

思わず萌死。

 

 

そして家に帰り、晩飯の刺身を食べ、最後のシーン。

親との約束で、買った服の写真を撮って送ることに。

f:id:tayusuto41:20180326065537j:plain

思わずノリで志温ちゃんも映ってますが、やっぱり二人共素材が良いので可愛いですね。

二次元だから素材が良いのか...と現実に目を向けたところで最終話が終了。

 

 

次にエンディングですが、総集編を流しながらのスクロール型のスタッフロールが流れました。

ここで、結構な人数のスタッフが居ることに驚きました。

流石A‐1Pictures、制作規模もまた大きい事。

 

 

総括

はいということで、最終話も相変わらずなほのぼのとした会話と内容でした。

このちょっと話が濃いくらいでゆっくりとしたテンポが落ち着くんじゃ~

それに、流石きらら作品と言ったところか、ちゃんとオチやツッコミもあり、花名ちゃんは内気だけどちょいツッコミ役、たまてちゃんはムードメーカーで家事万能、かむりちゃんは癒しキャラでロリ枠、栄依子ちゃんはお姉さん的存在&ツッコミと、ちゃんとそれぞれのキャラが立っていて、一人でも抜けたらアカンってくらい凄く良かったです。

きららと言えば四人コンビ、みんな最高だぜ!

 

内容の方ですが、花名ちゃんは結局一学期&夏休み中には自分が浪人しているという事を言うことが出来ませんでした。

まあこれは半永久的課題ですが、ここは是非2期で!2期で花名ちゃんに言わせるチャンスを与えましょう!

それにまだ二学期以降が描かれていないので、是非とも2期を!2期をやってくれええええ!!!

 

あとは、脚本も悪意が垣間見えましたが、僕的にはかなり良かったです。

作画も制作会社がA1なので、キャラの動きがA1の他作品より滑らかでしたし、安定していたので良かったですね。

 

 

それでは、新しい春の風と共に、2期に胸に期待を寄せながら待つとしましょうか。

 

f:id:tayusuto41:20180326070853j:plain

 

 

↓クリックお願いします!


にほんブログ村

ゲーム好き、アニメ好き、ラノベ漫画好き、インターネット大好きマンなフレンズを募集中!