Heihoたゆすとの趣味生活

ゲーム、アニメ、ラノベ、ネットの話題を中心に毎日1~3記事投稿しています。

               このブログはゲーム・アニメ・ラノベの話題を中心に、出来るだけ毎日、一日1~3記事投稿します。

                  このブログの主についてはプロフィールの『Myはてなプロフィール』をクリック!

今更「映画 中二病でも恋がしたい Take On Me」を見たので感想。歴代京アニ作品のパロディがあった件!

 

今更ですが、今年の1月6日に公開された「映画 中二病でも恋がしたい Take On Me」を観ました!

 

 

中二恋の1期が放送されたのが2012年、2期が2014年と意外と前で、2010年以降の京アニ作品では一番話題になった作品ではないでしょうか。

それがあってか、勿論京アニの作画の技術が更に進んでいて、ヴァイオレット・エヴァーガーデンほどでは無かったけど力が入っているように感じました。

 

内容は、高3の春休み、勇太と六花は恋人で同棲しているが未だに上級契約が結べない。そんな中、急に姉からイタリアに行く事を告げられるが、立花はそれは嫌だ、勇太と居たいと思い、丹生谷らからの提案もあって駆け落ちし、姉から全国各地へ逃げる事にという内容。

 

駆け落ちで、最初は京アニが描き出すのに得意としている京都へ。

京都タワーや実際にある京都の駅も出て来ました。

 

お次は兵庫県へ。

そこでなんと!ハルヒに出て来たあのファミレスが登場しました!

f:id:tayusuto41:20180810233710j:plainf:id:tayusuto41:20180810233741j:plain

f:id:tayusuto41:20180810233821j:plainf:id:tayusuto41:20180810234128j:plain

同じ京アニ作品の、それも京アニという名前を一躍有名にしたハルヒの劇場版、「涼宮ハルヒの消失」のワンシーンに出て来るファミレスと同じです。

聖地は『サイゼリヤ北夙川店』。今はもう消失(潰れて)してしまったようですが…

それでも京アニファンではすぐ気付いてしまう、ファンにとっては溜まらないシーンでした。

 

お次はそのままホテルを抑える為に街を歩くんですが、そこで行き着いた先のホテルがお城の形をした、言わばラブホテルw

お城ホテル、と言うとここさけ(会社別)を思い出してしまうw

このシーンは笑いましたねw

 

そこからは仕方が無く、夜行バスに乗り東の都、東京へ。

スカイツリーに登ったり、街を歩いて中二武器を買ったり、兄妹の体でホテル取ったりw

一方追いかけている丹生谷と凸守は百合展開www

ただの男女の恋だけかと思ったら百合対策まで兼ねているとは、流石...

 

そこから六花の母親に会う為に北の大地、北海道へ。

ここでも丹生谷vs勇太の駆け引きが面白かったですねw

北の大地へ着くと、勇太が六花に指輪を渡すシーン。良いな...

 

しかし北の大地へ行くも六花ママは青森に居るという事が分かり、寝台列車に乗り青森へ。

そこでまさかの一色誠が登場!www

あのラブコメ主人公の親友的ポジションに位置する、前に丸刈りも行っていた最近では空気と化した少年。

相変わらずの弄られキャラだけどちょっと出演させてくれる辺り笑うw

しかしここでアクシデント。なんと六花の姿が無い!

 

と思ったが、六花は先に母の所に会いに行っていた模様。

それを知らずに必死に六花を探し出そうと走る勇太の雄姿はカッコよかったですね。

自分だったら絶対新幹線で帰ってたわw

そこで、勇太と六花の再開のシーン。

その重要となるシーンで、CLANNADの智也と祖母が再開する涙の名シーンに出て来たあの場所が登場!

f:id:tayusuto41:20180810235704j:plainf:id:tayusuto41:20180810235816j:plain

f:id:tayusuto41:20180810235910j:plainf:id:tayusuto41:20180811000000j:plain

f:id:tayusuto41:20180811000310j:plainf:id:tayusuto41:20180811000330j:plain

また同じ京アニの歴代作品パロディキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

CLANNADで誰もが涙したあのシーンの聖地で、立花と勇太の感動の再開のシーンが再び紡がれる。

京アニはまだCLANNADの事を忘れて無かったのね...

もう本当に最高!

 

そこから勇太と六花の二人きりで夜の船でデート。

まあ存分にイチャイチャしていたようで。

そして六花姉の元へ勇太からメールが。

その文面の最後には「中二病でも恋がしたい!」の文字。

f:id:tayusuto41:20180811000720j:plain

まさかタイトルに合わせて来るとは!

けど前の文から中二病でも恋がしたい!に繋げると、文の言いたい事が若干支離滅裂になってよく何言ってるか分からないんですけど良いんですかねw

まあでも良いまとめ方でしょう。

でもこの終わり方だと最終章っぽくて、続編を作らない臭いが漂って来ますよね。

今後の全てを悟らせるこの一文。うむ...

 

これでEDか?と思いきや、最後には六花の姉が結婚というオチが用意され、何故イタリアに行くと急に言い出したのかが、ここでやっと解決するような話の構成になっている事が分かりました。

 

まあ全体を通して言うと、やっぱり六花が可愛かったですねw

ほんと何で好きになったんだろ…(勇太の言葉を借りて)

それとやはり、中二恋は映画になっても中二恋のまま、TVシリーズと同じように平常運行だったなと思いました。

1期と2期の間に作られ放映された映画は、1期の総集編+ちょっと新作エピソードだったのでう~んって感じでしたが、今回はちゃんと全部新規エピソードだったので、ちゃんと楽しめました。

また邪王真眼とダークフレイムマスターの物語を見る事ができることを祈ります。

 

 

それでは、爆ぜろリアル!弾けろシナプス!バニッシュメントディスワールド!(Vanishment this world!)

 

 

⇩クリックお願いします!


にほんブログ村

ゲーム好き、アニメ好き、ラノベ漫画好き、インターネット大好きマンなフレンズを募集中!