「共闘ことばRPGコトダマン」プレイレポート



👇サイトはこちらに移行しました

f:id:tayusuto41:20180825002755j:plain

語彙力が問われる、言葉を並べてコンボを繋げ、敵をやっつけるパズルゲーム「コトダマン」。

遅らせながら、一週間ほど前にダウンロードしてプレイを始めましたw

謎タイミング過ぎてワロタwとか言わないで!

 

一応、僕が初めて「コトダマン」を知ったのは、けもみみおーこくのねこますさんの初の企業とのタイアップ動画であるコトダマンを紹介する動画でした。

最近はVtuberの数が多過ぎて追いつけず、ある程度の知名度を誇るVtuberなら少しの空いた時間とかに数本くらい動画を見る程度ですが、4月いっぱいまではVtuberにハマりまくって、特にねこますさんの動画は全て見てました。

その上でねこますさんのコトダマンというゲームの存在を知ったんですが、正直ゲームにはそこまで興味がありませんでした。

しかし、いざサービスが開始すると「面白いよ」という声が。

毎週聴いている声優の杉田さんとゲームライターのマフィア梶田さんがパーソナリティの「アニゲラ」というラジオでも取り上げられていて、コトダマンで小学生のような下ネタ用語を作っている杉田さんのツイートを見て、元々そこまで興味が無かったものの、興味が湧きました。

それからゲームを始めるタイミングを完全に見失い、あたふたしてたら8月も下旬。

パズルゲームをやりたかったんですが、まだ物語シリーズぷくぷくも配信されてなかった為、じゃあ「コトダマン」乗り遅れた感満載だけどやるか、って事になりました。

 

tayusuto41hekuro.hatenablog.com

 

いざプレイし始めてみると面白くて堪んないw

チュートリアルを終えて、なんとなく光の大陸から攻略を始めて行ったんですが、初級を一日でクリアしてしまい、その日は一日中コトダマンをしてましたw

 

そしてそれから丁度一週間、光の大陸、木の大陸、闇の大陸、火の大陸、水の大陸全て初級までクリアしました。

f:id:tayusuto41:20180824235858j:plainf:id:tayusuto41:20180824235745j:plain

f:id:tayusuto41:20180825000033j:plainf:id:tayusuto41:20180825000305j:plain

初級は全大陸制覇したので次は中級からですね。

 

あとこれまでに解放した言葉の数はこんな感じです。

f:id:tayusuto41:20180825000645p:plain

作った言葉をわざわざ五十音ごと文字数ごとで言葉を区切るより、上から五十音順、文字数順で並べ、スクロールするだけで1ページで見られるようにUIを改善して欲しい所ですね。

約プレイ日数一週間ほどで作って解放した言葉の数は947個。

多いのか少ないのかが全く分かりません...

しかし語彙力が問われている事は確かですね。

まあ適当に繋げてたまたま出来てしまった言葉もありますがw

 

ついでに編成もご紹介。

これは水の大陸を先ほどまでプレイしてたので、その時プレイしてた際の編成です。

f:id:tayusuto41:20180825001129p:plain

攻撃力、防御力とかよりも、解放した言葉を増やす為にあまり使ってない五十音のキャラを編成する事が多いので、強さに関してはスルーしてくれw

編成パレッドには、ステージをクリアしてゲットした物やねこますやゲームギアと言った最初から貰えるキャラもありますが、やはりガチャでゲットしたキャラが多いですね。

また、セガコラボガチャでセガぷよぷよシェンムーなどの有名IPのキャラが欲しかった為、初回で得た石を沢山注ぎ込んでガチャを回したからか、セガのキャラクターを全10種類中、7種類くらいはゲットすることが出来ました。

コトダマンの開発はセガなので、社内コラボだから楽なはず!第三弾コラボもやってくだせー!

育成の方も面倒でまだあまり出来てないので、素材が集まり次第できるだけ強化して行くつもりです。

 

 

また、Twitterでガチャ結果とかいちいち報告しているので良かったらどうぞ(誰得)

ちなみに20連してみましたが、正直可も無く不可も無くってところでした。

 

  

それでは、ガチャを回して神引きしたり、中級を全ての大陸でクリアしたなどのネタが増えたら、また記事を書こうと思います。

語彙力に自信がある人も、そうで無い人も、語彙力を鍛えたい人も、皆で共闘してコトダマンをしてみてはなのじゃ~!

 

 

⇩クリックお願いします!


にほんブログ村

https://ground.fc2.net/blog-entry-1.html