【2018年夏アニメ】9月3日~9日放送分のアニメ感想(進撃の巨人3期、ハイスコアガール、あそびあそばせ、ISLAND他)



👇サイトはこちらに移行しました

※放送順に並んでいます 

 

One Room2期 9話

今回からは三人目のヒロイン、天月真白(CVいのりん)√の話です。

序盤、いきなりiPhoneでヒロインを盗撮する主人公。勿論互いに見知らぬ同士。

うん、今回の主人公ヤバいな。序盤のワンシーンでそう思いました。

まあ主人公は我々視聴者なんだけどね! つまり視聴者は盗撮魔。

けど真白さんも真白さんでしょw

警察呼ぼうとしたまでは良かった。だが本当には呼ばず、若干照れながらも主人公と話す。事案だよ。

しかしここは二次元の世界。リアルさを求めたらダメだ。二次元の住人の女の子は主人公の子だけにはチョロいから。

 

後日、真白が就活生だと言う事が発覚。主人公isストーカー。

変態さんと呼ばれるようになってしまいます。変態は立派な職業な様です。

 

それまた後日、帰宅途中に「変態さん、家に来て欲しいんだけど...」と誘われます。これなんてエロゲー!?

いやいや、先日盗撮されてストーカーされて変態呼ばわりしてた男をいきなり家に呼ぶとか、ビッチ of the キングだな。

呼ばれた理由は家の停電。まあブレーカーが落ちてただけだったらしい。

僕はニコ動で見たので、そのシーンで「俺のブレーカーは上がりっぱなしなんだぜ」というコメを見かけ、思わず吹いてしまいましたw

ほんとニコ動民のコメ面白いですな。隠語好きなフレンズなんだね!

最後の「良い人だね、変態だけど」も萌えました。

 

まあ主人公もヒロインも明らかにどこか頭がおかしいですが、ヒロインの真白が可愛いから全てチャラで良いよね!

可愛いは正義。ありがとうチョロイン、チョロ過ぎて良かったです。

f:id:tayusuto41:20180910043641j:plain

 

 

シュタインズ・ゲート ゼロ 20話

目が覚めたのは西暦2036年。そこにはタイムマシン理論を巡る核戦争が起き、荒れ果てた東京の秋葉原の景色が広がっていた。

岡部は19話でのタイムリープに失敗し、生きていたが、タイムマシン理論を巡った戦争で世界を敵に回し、追われる日々。

ある日とうとう捕まり、拷問を受けて脳は死んだ。

だが今日、2011年に送った2011年の岡部の記憶が2036年の岡部の脳に上書きされ、起きた。

まずここまでが19話と20話の間で起きた出来事の様ですが、凄いスケールがデカいですねw

荒れ果てたアキバとやせ細った岡部には驚きましたものw

話が進んで行く内に2036年の姿になったラボメンのメンバーが登場します。

フェイリスや鈴羽は変わってませんでしたが、ルカ子はカッコいい系の大人な女性風の剣も銃も使える凄い人になってましたが、戦いにて死んでしまい、まゆりも救えずに2011年に死んでしまいました...

そんなラボメンの中で一番面白かったのが、やはりダルw

太っていた体は痩せ、美化されてましたねw

進化というべきか退化というべきかw

太っていてあの喋り口調だからこそダルです。

まあ未来のダルもカッコいいですが、笑っちゃいましたね。

 

そしてタイムリープを使い、シュタインズ・ゲート世界線を目指す事を決めた岡部。

やはりゴールという名のハッピーエンドはシュタインズ・ゲート世界線にしか在りえないんですね...

けどシュタインズ・ゲート世界線に行ったら比屋定さんはどうなってしまうのでしょうか...

比屋定さんもクリスも皆も居る、そんな新たな世界線が在れば良いですね。

 

 

ガルパピコ 10話

蘭とモカがラーメンデート(百合)をしただけの回でした。

何だろう、物語というより日常の一コマを描いたような...

序盤、店員さん役のCV、というかガヤの声が蘭とモカで草。兼ね役なのね。

そして今回のデートは並んでラーメンを注文する所までで話が終了w

蘭の「あっ、同じので」って絶対油が多いラーメンが出て来てげって引いて食べてみたら美味しくてってフラグでしょ。ラーメン大好き小泉さんにもそんな展開が(ry

次回はどんなほのぼのが...

 

 

殺戮の天使 10話

今回はレイチェルが魔女か問う裁判回でした。

レイチェルは神を崇めていると言っておきながら魔女ではないかと疑われ、これまでに犠牲になった三人が証言者として再び登場し、裁判が繰り広げられました。

判決は、レイチェルを魔女と判断し火炙りの刑。

おい、そこでザック助けに来いよ!

どうなってしまうんだレイチェル!

その後の展開は次回にお預け。はよ。

 

 

ハイスコアガール 9話

時は西暦1994年の夏休み、春雄は大野の遊び相手役として一緒にゲーセンで格ゲーしたりゲーセンのハシゴをしたり...もはやデートです。

しかし歳は15歳、中学三年生、高校受験が控えて皆が千差万別に進路を選び人生を歩もうとしている佐中。...

前半は楽しみながらも、ずっとどこか寂しそうでしたね。

 

後半、春雄は大野さんと一緒に居たいが為に同じ偏差値の高い高校を受験する事を決めます。

好きな人を追いかけて同じ高校へ...どこかで聞いたことのある展開だな。

というか、いつもゲームして普段勉強しない奴が、いきなり猛勉強して偏差値の高い高校に受かるっていうのは現実的じゃないですよね。そんな勉強できる意志は普段遊んでる奴には生まれませんがね。

まあ春雄は違った、と。

そして受験日当日、大野さんの爺やが迎えに来て、車の中で大野さんに受験や進路について話します。

このシーン本当に良かった。爺やの優しさに感謝。

あと大野さん可愛すぎる。いつも無表情なのに頬を赤く染めて、窓の外を見て顔を隠してましたが、凄く嬉しそうでしたね。

そして春雄の手を強く握る...

ここでも春雄の鈍感さが際立ちますw

中3でもうすぐ高1、丁度盛んな時期だから意識しない方がおかしいはず。

これは、うむ。日高さん負けフラグがゴホンゴホン。

 

そして受験を終え、いよいよ結果発表。

しかしそこには春雄の受験番号、1942の数字がありませんでした...

これは、どうなる!?

察したけど察してません(矛盾)

何度も言いますが、僕が求めているのはハッピーエンドです。

 

f:id:tayusuto41:20180910042139j:plain

ちなみに春雄の受験番号の「1942」は、「1942」という1984年にカプコンから発売されたゲームの名前が元ネタです。

 

 

ゆらぎ荘の幽奈さん 9話

今回もこれまで通り男の欲望をテレビで放送できる範囲で描いたような回でした。

今回は千紗希さんが泊まりに来て、百合百合したりと色々してましたが、終盤コガラシが帰って来てからは悶々としたアレでしたw

いやいや、コガラシよ。健康な男子高校生だったらあれで理性保てないだろw

よく理性保てるし、そういうのは本気で惚れ合った女としかやらないだよ。

僕だったら好きじゃなくても襲い掛かって来たらやってしm(ry 

 

 

ISLAND 11話

 未来から再び過去の世界へと帰って来た切那。

二度目の世界、つまり強くてNEWGAMEなので、過去の記憶を確かにサクサクと攻略を

進めて行きますw

前半は1話のダイジェスト?的な感じでした。

相変わらずイチャイチャする二人、チョロインの凛音。憎いね。


後半、二人で夏祭りデートへ。浴衣姿の凛音さんすこ。

キスを雷に防がれるシーンも良いですね。

しかし、いつも引き篭もっている凛音の母?が黙っていませんでした。

「切那...」

くおん、まさかお前が凛音だったりするのか?

え!?くおんさんがメインヒロイン!?

いや機械を弄るくおんは未来の凛音!?

主人公の切那と凛音の知る切那の違いは!?本当の切那とは!?どこがくっ付くの!?

頭に次々と疑問が浮かんで来ます。

うん、この終わり方は後味が悪いですね。次回が気になります...

次回は最終回。早い。どういうエンドが待ち受けているのか...

f:id:tayusuto41:20180911014203j:plain

 

 

あそびあそばせ 10話

一つ目の話は新キャラ登場。

藤原さんという、オリヴィアとは真逆の見た目は平安時代に居そうな貴族ながらも英語が得意で国語が苦手な少女(?)

とにかく終始大草原不可避でした。

 

二つ目の話は、一つ目の話のかすみさんのつぐみさんへの興味の話をよろしく、花子のうんこを言わせたいだけゲームがスタート。

が、かすみさんのリア充疑惑が浮上し、ゲームは終了。

一応疑惑は晴れましたが、とりあえず花子は何がしたかったのかが意味不明でしたw

てか下ネタ言っておけば笑うと思ってんじゃねぇぞ!笑うけど!

 

三つ目の話は、つぐみさんは男か女か定かではない中、つぐみさんにティンPOがあるのか無いのか気になり、スカートの中を覗こうとする話でした。

うん、酷いね!

結局つぐみさんの性別は未だ不明ですが、女の子であることを祈らんばかりです。

あとティンPOティンPOうるさい。

 

四つ目の話は、あそ研の映画制作。文化祭で上映する様です。

かすみさんがス〇ーウォーズのパクリ映画を見てSFに目覚め、監督を務めますw

撮影現場を見た限りでは演技もストーリーもとにかく内容全てが酷そうですねw

先生、止めてあげて。その優しさは残酷よ...

ここらで今回は終わりましたが、次回文化祭回兼上映でしょうか。

果たしてどんな内容の映画が完成したのかwww

楽しみです() 

 

 

進撃の巨人3期 8話(45話)

序盤、前回の続きからエレンとヒストリアを奪還するべく来たリヴァイ班。

そこには巨人化したヒストリアの父。エレンの拘束を解くことに成功したが、逃げ場が無い。

そんな時、エレンが瓶を割って鎧の薬液を飲み、巨人化して皆を守り、無事外に出る事が出来ました。

いや既に面白い。3期が始まってから本格的に面白くなって来たなと痛感しています。

色々伏線とかあってややこしい事この上無いですがw

 

そして外の出るが、そこには超大型巨人の二倍以上の大きさはあると言われるヒストリアの父親の巨人化した姿が。

めちゃくちゃデカいですねw

CGなどを駆使して巨人の移動と人間たちの移動を描写してましたが、凄く迫力がありました。作画神。

 

そんな移動中、ヒストリアは馬車の中で決意します。

お父さんとお別れする事を...

オルブド区に戻ると、ヒストリアは兵長から正統な王位継承者になるよう言われます。

まあ分かり切ってた事ですが、ヒストリアに取っては折角殻を抜け出せたのに辛いですよね。

それでも人類が上を目指すには無くてはならない通り道。仕方が無いのかも知れません。

そしていざ作戦開始。ヒストリアは‘‘自分の手‘‘でこの件に関して蹴りを付ける事を決めます。

一方のエルヴィン団長は、住民を逃がさずに戦うとの事。

そう言えば、前々から何かを分かっていて何かと合点したような素振りを見せている団長。 何が分かったのでしょうか。そこが気になります。

 

次回、何が分かるのか。何が進展するのか。

楽しみで仕方がありません(笑)。

 

 

⇩クリックお願いします!


にほんブログ村

https://ground.fc2.net/blog-entry-1.html