【2018年秋アニメ】11月12日~18日放送分のアニメ感想〈後半〉(やが君、ゴブスレ、青ブタ、SAO3期、グリッドマン他)



👇サイトはこちらに移行しました

※放送順に並んでいます

 

やがて君になる 7話

序盤は、佐伯先輩が何故女の子を好きになってしまうようになったのかについてが語られました。

それは女子中学の時、先輩に告白され最初は女子同士だなんてと戸惑っていたものの、やがてキスをするようになったりと完全に好きになってしまったが、その後先輩の方からアレは気の迷いだったと女子同士の恋愛を否定し、振ります。

いやそれお前が言うかって感じですが。その先輩とんだクソ野郎ですね。

そして佐伯先輩はもう女子を好きにならないと思い、共学に入学。

入学式、新入生代表に選ばれた七海先輩を見て、一目惚れしてしまいます。

これが事の顛末というか発端というか...

既に中学の頃から脈ありだったようです。やっぱり女子だけの学校は百合が盛んなのか()

 

時を戻して現在、とある小テストのシーンでは、先生が七海と佐伯の連続万点記録を破るべく、先生がクラスの他生徒まで巻き込んで難しいテストを制作w

流石学年一位と学年二位。またこのシーンも、特に大人げない先生が良いですねw

放課後には七海先輩はまたしても女子からラブレターを貰います。

それに対してどう思うか探りを入れる佐伯先輩でしたが、七海先輩はこれを上手く躱す。

その後侑ちゃんからLINEが。それに対して妬ける佐伯先輩。完全に嫉妬に燃えていて、目も怒っていて怖いw

そして燈子は誰の物にもならない、そのままでいて、そのままでいる間は私がずっと傍に居ると言っていました。侑に対する嫉妬と独占欲と届かぬ恋と。

一方七海先輩の方も、こっちはこっちで気付いている様子。けど必死で演じ切り、隠そうとしている。侑と同じく言えない事が増えて行く、秘密だらけになって行く。

この二人の関係性や三角関係、その関係を築く登場人物一人一人は皆秘密が増えて行き、ほとんど表面上で関わって行きます。何だこの関係性、空気、雰囲気、何とも言い難い。

 

そして放課後、七海先輩と佐伯先輩、侑とこよみちゃんの四人で文化祭の劇の打ち合わせの為に喫茶店へ。

一応表面の一番最初のゴールである文化祭に向けて、打ち合わせや準備が進んでいるようです。

そこに何故か箱崎先生が「ただいまー」と店長に行って来店?

侑たち四人に気付くと焦るも必死でそれを隠そうとしていました。

店長と箱崎先生はどういう関係なの? この時点で怪しかったです。

百合アニメだからここもそうなんだろう、と。

侑と七海先輩の帰り道のシーンにて。七海先輩が侑にいつでも下の名前で呼んで良いかと聞きます。七海先輩可愛いなおい。本気で好きだという事が分かります。

下の名前で呼ぶことに成功した七海先輩は、どこまでなら許されるのか試したくなり、自分の名前も下の名前で呼んでとおねだりします。

これに訝しげな視線を送りながらも、結局は優しくて呼んでしまう侑。これに七海先輩は目を輝かせ、満足して思い切り照れてしまいますw

このこれまでより比較的イチャイチャして百合してる感じが出てるシーン良いですね~(#^.^#) 侑の顔をも良いですが、何より七海先輩の顔が可愛かったです。

 

一方、店長と箱崎先生。ただの大学からの友達と言ってましたが、どうやら同棲している模様。

仲の良い友達同士でシェアハウスをしていると言う僅かな希望に賭けましたが、残念おやすみのチュー(口)があったので百合カップル確定。

こっちも百合百合していたとは... 本当にサブタイトル通り、秘密が沢山ですね。色んな人が持つ色んな思いを。佐伯先輩が勘づいていた通りでした。

 

後半、早速生徒会室で下の名前で呼び合う七海先輩と侑。

堂島君も下の名前で呼んでもらおうとするもガードが固いwww

これにまた嫉妬した佐伯先輩は、自分も侑を下の名前で呼ぶと仕掛けると、急に表情が硬くなる七海先輩。

やはり侑を独占したい、侑に一番近い存在でありたい、侑が特別という七海先輩の想いが描写されている気がしました。

佐伯先輩仕掛けて来ますね~。普通に鋭くて頭が回るんだこの女。

 

そんな佐伯先輩がもう七海先輩と侑の関係以外にもう一つ気になっている事が。

それは喫茶店の店長と箱崎先輩の関係。それをはっきりさせるべく喫茶店に行き、怖気づくもなんとか「二人は付き合っているんですか?」と聞けました。

するとあっさり「うん、そうだよ」と肯定する店長(尚、箱崎先輩の許諾無し)

ふ、ふ~ん付き合ってるんだ、二人...(負けヒロインの悲しそうなセリフ)

そして今度は逆に、好きな女の子でも居るの?と問われます。

それに肯定し、百合恋愛相談が。これが女子同士のコイバナか(若干違う)

同姓を好きになるって辛いくて怖い事だけど、それ以上に友達を思って想いを閉じ込める良い子だから、とコーヒーをサービスしてくれる大人な店長。

この恋愛相談シーン良いですね。(負けヒロインな)佐伯先輩とイケメンな店長。

カメラアングルやそこからEDに入るという演出等も最高でした。

 

そして場を戻して学校。小テストで一点差で惜しくも七海先輩に負けてしまう佐伯先輩。

ここで七海先輩の口から感謝の言葉が出ます。君が居なかったら生徒会長も務まらず、勉強も疎かになっていたと。だから良いライバルとして、これからも切磋琢磨して行こうと。

それを聞いた佐伯先輩は思わず固まってしまい、惚れ直してしまいますw

あ~完全に甘酸っぱい恋をしているわ~。これが百合(こいと読む)なのか。

ズルいですね七海先輩。こんな事言われたら諦める事なんで出来ないでしょ。

今回は完全なる佐伯先輩の回でした。何だか彼女を見ていると胸が痛くなって来ます。何だこの複雑な気持ちは...

 

 

ゴブリンスレイヤー 7話

前半、もはや男性向け深夜アニメには付き物となるお風呂シーン(または水着)がありました。

ゴブスレさんに出会わなければ私はここに居なかったのだと、どこか悲しそうな表情を浮かべる女神官ちゃん。そこへ傷だらけの剣の乙女さんが入って来ます。

話を聞くに、どうやら剣の乙女さんにも色々あったようで、特にゴブリンに関しては何かしらトラウマなどの類の過去がありそうです。

サービスシーンはここまで。

f:id:tayusuto41:20181120150524j:plain

後半、いつものメンバー5人で再び遺跡調査へ向かいます。

前回も遺跡調査で成果を出して帰って来てましたが、どうやらまだ探索は完全には終わって無いようです。

途中まではゴブスレさんがゴブリン知識を駆使したり、雑談混じりにそれぞれの役割を果たしつつといつも通りだったのですが、デカい部屋を発見して中に入ってみると、そこには既に骨となってしまい金髪だけが残った死体...

とその時、扉が閉められ五人が閉じこめられ、ゴブリンの群れと何やらデカい足音が襲って来ます。

いやゴブリン賢すぎだろ! 更にそこに毒が投入され四面楚歌状態と、完全にゴブリンたちにしてやられました。この部屋自体トラップなのか...

 

ここから戦闘へ。途中まではいつも通りゴブリンを倒していました。

ゴブスレさんが周りのゴブリンを一気になぎ倒した瞬間、時間の動きがスローになり、カメラが360度移動するという、なかなかダイナミックな演出を見る事ができました。

f:id:tayusuto41:20181120151230j:plain

多分CGだとは思いますが、初めて見た時は鳥肌が若干立って、三回くらい巻き戻してこのシーンだけ再生してましたw

が、そんな無双もここで終わりと前回最後にちょこっとだけ映ったデカいゴブリン、その名もゴブリンチャンピオンが五人に襲い掛かります。

そこでなんと、ゴブスレさんがやられてしまう!!!

攻撃は直撃、口から主に大量出血、投げ飛ばされ倒れた状態。ここで戦況は一気に悪化。こちら側が急に不利になって行きます。

ドワーフのお爺さんとリザードマンはゴブリンに囲まれ、ハイエルフちゃんも囲まれるもこちらは服を脱がされますw

オスには単に襲い掛かり、メスには違う意味で襲い掛かるという男女差別。お前ら絶対オスだろ、本能で生き過ぎだろ…ってゴブリンだから仕方ない?

女神官ちゃんはゴブリンチャンピオンに捕まってしまい...ぎゃああああああああああああああああ

f:id:tayusuto41:20181120151913j:plain

これはエグい。本気で死ぬやつ。ひぐ〇しみたいな小倉唯ちゃんの悲鳴が出ますw

そしてお漏らししてしまい、泣いてしまいます...

一方ハイエルフちゃんも服を破かれ、既に胸は触られているという...

流石、一話から残酷描写が多かっただけあって、相変わらず鬼畜ドSな女性凌辱、いや幼女凌辱アニメですね...

性と暴力、両方R18対象な上に両方共兼ね備えてるよこの作品!

 

男性キャラ陣もゴブリンに抑えつけられ、まさに絶体絶命。

どうするの?もうなろう主人公みたいなハーレム安直イキリト最強キャラにならない限りこの場を一転させる事なんてできないよ!

...とここで、ゴブスレさん覚醒キター!

あの金髪のカツラみたいなのでゴブリンチャンピオンの首を絞め、殺します。

女神官ちゃんは気を失っているも命に別状はあらず、他の三人もゴブリンが逃げたので功を免れました。

これが主人公補正ってやつですか? やっぱり最強じゃないですかゴブスレさん!

そこに痺れる憧れる~!

そんなことも束の間、女神官ちゃんが目を開けたのと交代するかのように血を吐いて倒れてしまいます。いやさっき倒れて覚醒からの復活を遂げてボス倒してるんだから、見えていたビジョンなのでは。

ゴブスレさんが死んでしまったの!?どうなの!?って所で7話が終了。もしかしてバッドエンドか?(ギャルゲーかよ

一瞬、あれ?今回最終回だっけ?って思ってしまうほどのラストの展開でしたね。

若干凌辱系やおっさんに囲まれて(中略)な同人誌みたいなシーン、要素がありましたが、それも加味して超絶スピードで進んだラストには衝撃を隠せませんでした。

さて、次回がどうなるのか楽しみでなりませんね。

f:id:tayusuto41:20181120153247j:plain

 

 

青ブタ 7話

今回からメインヒロイン麻衣さんや負けヒロイン古賀朋絵がちょくちょく出ながらも、理央回でした。 

冒頭、咲太の初恋相手・牧之原翔子さんとの過去の思い出が...

がしかし、昨日(6話)会った同姓同名、同じ顔の牧之原翔子は高2では無く中1の幼女。

めちゃくちゃ可愛くてまさに癒されますが、その裏には不可解な事が...

 

一方理央はどこかおかしい。麻衣さんとのバイト帰り、ネットカフェに入る理央を訝しく思った咲太は理央を見つけ捕まえます。が、咲太は理央と電話中。え?

ドッペルゲンガーかと思いきや、どうやら量子テレポ―ションがうんたらかんたらという事でこの世界に理央が二人いるらしいです。

原因は理央によると不明との事。しかし終盤に発覚した、理央のTwitterの裏垢。これが全てを語っています。

当の本人は裏垢でエロで男を誘いネットで有名になろうとし、それを頑なにだんまりしていますが、咲太は既に気付いています。

何このギャップ。これがギャップ萌え?

けれどそれは、久しぶりに人と食事をするという発言から家庭環境であったり、彼女が既に居る国見が好きだったりと、色々他の問題も絡みあっていそうです。

どちらに転んでも負けヒロイン、か。それらを表情に出さないってのも理央らしいです。

ネットのエロ垢(裏垢)、家庭環境、届かない恋と理央の抱える問題も現代っぽく、また現代でなきゃ描けないでしょう。

 

そんな理央回の裏で、メインヒロイン麻衣さんが非常に可愛かったですねw

一週間仕事で咲太に会えず、久しぶりに早く会いたくてバイト先のファミレスに足を運んだり、理央が二人居るからもう一人の方を咲太が家に泊めようとすると、それはいけないと謎理論で麻衣さんも泊まる事になったり...

早く彼氏の顔を見たかったり嫉妬したりと普通に可愛いんだよなぁ(*´ω`*)

夜にはリビングで寝ていると横に寝っ転がって来て、彼氏の顔を見ていると言って来たり。誘ってるのかな?

更にTPO弁えたらキスしていいよと言われ、何だかいい雰囲気になって口を近づけたらおでこ同士ががっつんこして冷めてしまったり。

別れ際に今日はおしまいと言われ傷ついた咲太に対し、私が何度も練習させてあげるから(意味深)と言って来たりと、まあ麻衣さん天使かよ尊すぎ案件ですねw

f:id:tayusuto41:20181121155746j:plain

そしてとどめと言わんばかりに、マネージャーから今どこ?と電話が掛かって来た際に、「彼氏の家です」と淡々と堂々と宣言しますw

マネージャーめっちゃ驚いているじゃないですかwww

芸能人、それも今をときめく女子高生女優なだけあって、これはメディアにバレたらヤバいニュース!

それに新妻プレイをしたりと流石大人の女性、麻衣さんって感じです。

こんなん惚れてしまうやろ。

今回は理央回にして、麻衣さんも可愛く、古賀朋絵と牧野原さんにも癒されたハーレム回でした。咲太さん女性の知り合い多すぎません?

 

 

SAO3期 7話

今回は三週間ぶりのキリト視点、アンダーワールドでのお話です。前にキリトが登場したのが4話って時が経つのも早くて...

どうやらその4話、終盤で王都に旅立ってから二年が経過したようです。

え?現実世界で物語が進行している内に!?

そういえばアンダーワールドの世界は現実に比べて時間の進みがめちゃくちゃ早いって言ってたような。

農場での住み込み労働話や剣技大会優勝話も全てダイジェストw どこかのヒキニートさんは6話分くらい馬小屋で寝泊まり...おっと誰か来たようだ。

ここでまた新キャラが登場。リーナ先輩。またしても女性ですw

髪の長さや色がどことなくアスナに似て...おっとd(ry

どうやらキリトとユージオが通っている修剣学院の先輩の様で、剣の腕前は次席で、キリトはリーナ先輩の傍付きのようです。ポニテ、ロング、それと年上って感じで良いですね~

 

ある日の夕方、キリトはリーナ先輩に剣の鍛錬をしてもらっていました。

相変わらずの素晴らしい戦闘作画。ここで鋭いリーナ先輩に、お前何か隠してるだろ?と聞かれ、動揺するキリト。後日隠している剣技を見せるとの事。

やっぱりキリトさん本当の実力を隠してたんですか。能ある鷹は爪を隠すって事か。

で?それどこの綾小路?

夕食のシーンでは後ろの席の貴族に悪口を叩かれるキリト。

実力が無いからと言って嫉妬する典型的な悪者のパターン。これだから貴族は。

夜には一年掛けて育ててリーナ先輩にあげる予定の花を育てていましたが、これ絶対あの貴族らに荒らされるでしょ...

あの貴族ら二人、何か企んでいます。嫌な予感。

 

後日、鍛冶屋のおっちゃんに剣を作って貰い、受け取りに来たキリト。

最初はちょっと嫌な感じでしたが、話を進めて行く内に普通に良い人で草が生えました。

ちょっと剣を作るのに時間が掛かったという嫌味ったらしい話が鼻に付いたけど。

その後、剣を振るって練習をするキリト。一人で新しい剣を振りながらセリフをしゃべってますが、傍から見たら独り言言ってるやべー奴www

そこへなんと、さっきから陰で練習風景を見ていた主席が登場。

キリトは剣を振るった事で土を服に掛けてしまいます。

そこで今日は休息日なのに何故剣を振るっていたのか問いただされるキリト。

やばいやばい、怒ってるよこの人。明らかにキリトが悪い点が二つほどあるけど。

でも休息日に剣を振るっていた事は、主席さんも分かるらしく許してくれました。が、土が服に付いた事は許してくれず、闘技場で命がけのタイマン勝負をする事に。

最後の最後で土の件に関してだけは許してくれなかったので、一瞬全て許してくれる優しい奴かと思った自分が馬鹿でした。

器が大きいのやら小さいのやら。怒りの基準が分かりませんが、そこまで怒っているようには見えず、至って冷静沈着って感じなんですが。

もしかして試してるのか?

リーナ先輩とユージオも駆けつけいざ決戦!という所で7話が終了しました。

さて勝負はどうなるのか。どうせキリトが最終的には勝つんでしょ?w

だってキリトだもん。最強主人公イキリト様だもん。

でも相手も相手なだけあって、相当白熱したガチ勝負になりそうです。

負けたら命を落としてしまう、命知らずのデスゲーム。楽しみです。

 

 

グリッドマン 7話

冒頭、裕太は内海と六花に昨日(6話)会った自称怪獣少女とその少女から聞いた話をしますが、当然の如く信じてもらえません。

まあそうなるよなとしか言い様がありませんね。 

昼休み、アカネに神なのかどうなのかと真実を確かめるべく聞こうとするも、逆に見られまくったりとめちゃくちゃ話し掛け辛そうw

この敵なのか何なのか凄く曖昧な距離感が表現されている気がします。

そこで学校なのに何故かアンチ君が登場し、追いかけられ押し倒されパンを持ってかれ...w

どうやらアンチ君のグリッドマンに対する憎悪が半端ないようで。

そして学校の屋上にはアレクシス(実体)が。何やら不穏な空気で怪しいですよ...

 

グリッドマン同盟で再び自称怪獣少女やアカネちゃんについて話した後、裕太はアカネちゃんにどう話を切り出すかで試行錯誤しつつ帰宅。

が、何故かそこにはアカネちゃんの姿が...!

裕太の部屋に不法侵入し、ベットに座り2Lのお茶をラッパ飲みw

そこで急にアカネちゃんが裕太の枕を抱いて、クンカクンカと匂いを嗅ぎ始め、 そして(裕太の)ベットに寝っ転がり、私の仲間になってよと二つの意味で誘って来ますw

f:id:tayusuto41:20181121024107j:plain

ま~たカメラアングルがエロく、明らかに誘惑して来て、いわゆるハニートラップってやつですね分かります。抱き枕の販売促進活動やめろ。

けれど主人公・裕太はその勧誘には乗りません。そのエロ攻めになんて絶対惑わされないぞ!と言わんばかりに。

聞いたか内海!? 内海は若干裏切ってたのにこちとら流石主人公、仲間をグリッドマン同盟を信じたぞ!?

 

一方六花ちゃんはベットに寝っ転がり、音楽聴いたり友達とLINEもしくは通話と、いかにもJKらしい感じ。通話で、立花尊いとかJKの姿した神かよとか言ってて、それなとJKの姿をした神は別に居ますと心の中で反応してますた。

しかし気になる発言が一つ。それは「今度渡さなきゃ」というセリフ。

何やらスマホカバー?を誰かさんにプレゼントするつもりが渡せていないようですが、果たして誰なのでしょう。これまでに暗示があったかも知れませんが覚えてません()

 

 

そしてアカネちゃんと裕太二人は近所の定食屋に夜飯へ。

後からアレクシスも登場。さも当然のように椅子に座っててワロタ。

正義の主人公、敵だけどアレクシスにそそのかされてそうなアカネ、悪にしてラスボスアレクシスと重要人物が一つに集結!?

そこで裕太に怪獣が出たとの知らせが。え?アカネちゃん関与してないよ?

アレクシスも消えており、神のアカネちゃんも想定外の展開へ。

出た怪獣はUFOみたいで何度倒しても復活する怪獣、生み出したのはアンチ君。

最初はグリッドマンも手こずってましたが、ヴィットさんの空飛ぶ能力が加わり、グリッドマンと合体した事によりほぼ互角へ。

どうやらUFOの親玉、アンチ君は上に居るらしく、雲の上まで上がって空中戦闘が始まります。

この空中戦闘シーン、アングルや機体の動き、敵の弾の動きなどの映像表現方法が、まんま『板野サーカス』でしたwww

マク〇スかな? 

あ、板野サーカスとは、アニメーターの板野さんが確立した映像表現方法の一つで、よく他の色んなロボアニメでも用いられているやつですね。(詳しい事はググってね)

f:id:tayusuto41:20181121031357j:plain

そして戦闘の中行き着いた先が、電脳の天井をしたコンピューターワールドというものらしいです(原作知らないので無知)

ここで敵を倒し、グリッドマンの勝利!

倒す際のシーンも、グリッドマンはス〇ーウォーズでヴィットさんの戦闘機はマ〇ロスでしたね。アメリカの大ヒット映画と有名なロボアニメの融合!

もしかしたらパロディかも知れませんね。YouTuberをdhisったグリッドマンならやるでしょ。

そしてどうしようもないアンチ君はアレクシスによってやられ、これからどうするかという所で7話が終了。

今回も相変わらずのやる気の無さが滲み出る会話と会話のテンポ感と、トリガーらしい感が出てましたね。原作の特撮もちゃんとリスペクトしつつオリジナルストーリーが紡がれているようで。

戦闘シーンはグリッドマン!って感じより、色々別作品へと思考が馳せましたがw

 

 

⇩クリックお願いします!


にほんブログ村

https://ground.fc2.net/blog-entry-1.html