【2018年秋アニメ】11月26日~12月2日放送分のアニメ感想〈前半〉(色づく世界の明日から、寄宿学校、コンセプション他)



👇サイトはこちらに移行しました

※放送順に並んでいます。

※『色づく世界の明日から』以降の日曜までの放送分アニメの感想は、〈後半〉に掲載します。

  

コンセプション 8話

新たなA〇アニメ。

今回も更に酷かったwww

これは何のバラエティ番組の企画のパクリなんですかね?w

絶対アメリカのアレだろ...

今回は主人公を巡って十二人の巫女たちが戦うという物。

既に10人と愛好の儀を交わし、残るは二人。その二人がなんともまあ都合よく戦いの果てに残りました。エロゲー並みの都合の良さ。原作はエロゲーどころかギャルゲーでも無いんだよなぁこれで。

その二人と交わしたのは、究極の愛好の儀。なんか催眠薬で人間の本能、性欲に満たされ、激しく3Pをするという(ry

天使の3Pですかね(すっとぼけ)

それと相も変わらずマナがウザいwww

司会役のジェントルマンになったり、インタビュー受ける通行人Aになったり、熱血体育教師みたいになったりと、等身は人間のそれなのに顔だけがマナでほんと大草原不可避でした。ほんと中の人(声優さん)頑張ってるなぁ。

 

これで12人全員の巫女とヤったよ!見事ヒロイン全員とハーレムも築いて親密度上げたしこれで立派なエロゲー主人公!ヤリマンだね!...しかしまだ8話だと言う事をお忘れだろうかと言うが如く、13番目の迷宮が発見されます。

12人の巫女に12人の迷宮、一個迷宮が増えたって事は巫女もあと一人...

一番怪しいのが、主人公と巫女の間に産まれた子供を世話する、アーフィーさん。

主人公が巫女全員と愛好の儀を交わしてこの異世界を救ったら元の世界に帰るという事で、凄く寂しがっていましたし、主人公との間にフラグが立っていますし。

もう絶対好きでしょ。主人公ほんと都合よくモテモテ過ぎて嫉妬の念も湧いてこないですね。

そしてEDもアーフィー(CV加隈亜衣)が歌う、「セーラー服と機関銃」という演歌のカバーが流れる特殊EDwww

何でこの曲なんだよwww

もうこれ本編とか関係せず、監督の趣味とかじゃないんですか?w 

 

ほんと酷いなぁw

一番笑ったのはそのアーフィーと金髪男の番組の実況&解説シーン。

何が面白いかって、これでもかってくらいに棒読みなんですよw

声優さんのわざとやる棒読みは絶対に笑ってしまいマシュ。完全に笑わせに来てるんだよなぁ。

次回はアーフィーとの愛好の儀ですかね。楽しみにしておきます。

 

 

ガルパピコ 22話

相変わらずCIRCLEは崩壊したまま、まりなさんもせわしなく忙しそうで草。

店員も工事も一人でやっていて、人手不足である事が伺えますね。

それを見たみんながCIRCLEを手伝う事に。ついでに看板キャラとしてミッシェルも設置。

いやミッシェル設置する金と労力があるならCIRCLE直してあげて!まりなさんのライフはもうゼロよ!

まあ手伝ってあげたというそういう話かと思いきや、やっぱりオチはあった。

ミッシェルが崩れ、まりなさんが下敷きにwwwwCIRCLEは更に崩壊www

これは酷いwwww

ミッシェルも無駄になり、まりなさんは昇天、CIRCLEは更に崩壊し、もはやカオス。

ゲームアプリの方のCIRCLEは崩壊してないんですが!?(メタい)

今回も相変わらずの茶番でしたw

 

 

寄宿学校のジュリエット 9話

 今回はシャル回でした。

 

犬塚はペルシアにプレゼントをあげるべく街へ、そこで同じくペルシアへのプレゼントを買いに来たシャルと遭遇し、何やかんやあってシャルの護衛になってしまい一緒に?街を散策。

敵国同士にしてペルシアを取り合うライバルともあって、よく喧嘩をするものの、何故か下着屋で意気投合www

ペルシアでなんて妄想をしているんだ...

我に返るとまた対立する二人。ツンデレかな?

仲悪いのか良いのか曖昧で分かりにくいです。そこのとこどうなってんだよぅ!

f:id:tayusuto41:20181202203559j:plain

下着屋を出て再び街を散策していると、今度は急な大雨w

急いで雨宿りしたものの、シャルの服が透けて...

制服が白いのってこのためでしょうかw ちょ、直視できない!(ガン見)

下着はピンクでした。あとそのたたわがデカい。なんてボリューミーで豊富なんだ!(全て同じ意味)

ここで上着を絞ってあげたりとイケメンな犬塚。

そんな犬塚に、ペルシアから手を放せ、その替わり君がしたい事私がしてあげる、と誘惑して来るシャル。

それさえも効かないぞと言わんばかりに、気の無い男に軽口を叩くなと怒る理性の塊犬塚。

いや健全な男子高校生だったら興奮しちゃうでしょうが!

それにペルシアが本命だとしても、男だから別に悪くは無いと思う女子にいざ誘われるとそっちに転がってちゃうでしょ。だって男は性欲に塗れたクソ野郎だから(経験談

それにしても犬塚イケメン過ぎます。シャルちゃんも十分に可愛いんだから、ハーレム主人公ばりにどのヒロインにも頬を赤く染めてホイホイそそのかされちゃうのでは?

これに意表を突かれたようにびっくりするシャル。絶対今、犬塚カッコいいかもとか思いましたね?

後にペルシアも好きだけど犬塚も好きってなって、ペルシアには悪い事をしていると承知だけど...と言いながら犬塚に迫ってキスし、いずれ複雑な三角関係に...

妄想が膨らみます(*´Д`)

f:id:tayusuto41:20181202203457j:plain

後半、犬塚に怒られた事と、昔ペルシアに怒られた記憶がリンクするシャル。

誰も怒ってなんてくれなかったから叱ってくれて嬉しいと。その昔のペルシアに叱られた時に、きっとシャルは恋に落ちたのでしょうね。

じゃあ全く同じ展開の犬塚に怒られたさっきも(ry

その後歩いていると、過激派の何者かに捕まってしまうシャル。エロ同人誌かな?

ピンチか!?…と思いきや、あっさり二人中一人を蹴りで倒してしまい、ピンチ状態から復活。

そこへ犬塚が登場。過激派のもう一人の方に、アイツうざくね?と聞かれ、ああそうだなと同調したかと思った刹那、けどシャルの護衛だから、とあっさり過激派のもう一人を倒しシャルを救う犬塚。

ちょっと!?犬塚イケメン過ぎないですか!?

しかも行動理念はペルシア。シャルが不幸な目に会うとペルシアも悲しむからシャルを救ったのだと。

シャルは自分がペルシアとくっ付きたいが為に犬塚を蹴り落とそうと必死だった事から、こいつは本当に馬鹿だ、叶わないと思います。

確かに自分よりも好きな人だけしか考えずに何振り行動するのはバカだwww

けれど、それが‘‘イケメン‘‘なのです。

犬塚を嫌悪していたシャルですが、その嫌悪感は消え去ったのでしょうか。

それでも平静を装うシャル。心中では犬塚の事少しは良いと思っているのに、表面はいつもと変わらずドSな態度。やはり隠れツンデレですね?

分かりやすいテンプレなツンデレじゃないから余計に性質(たち)が悪く、それでいて可愛いw

 

8割方ペルシアな9話でした。相変わらず漫画原作らしく、会話だけでは無く絵や演出までも使ったギャグが面白いです。

残りの2割は、序盤の双子幼女と一言だけ発した蓮季と、メインヒロインペルシアと、そして凄いラスボス臭のする犬塚兄。

どうして犬塚の部屋に来たのか気になりますね。この兄弟の間に何が!?

 

 

色づく世界の明日から 9話

今回は過去一番にドロッドロした展開で反吐が出るかと思いましたwwww

 

前半、クソ野郎...じゃなくて部長が瞳美ちゃんを誘って、デート...じゃなくて写真撮影会に二人で行きます。

まず行く前に唯翔に二人で行って来る、と何故か伝える部長。その‘‘何故か‘‘は分かりました。多分瞳美ちゃんの想いも、そして唯翔の想いにも若干気付いているのでしょう。

あさぎちゃんの想いには気付いて無いのにな!この鈍感野郎!くたばれ!

二人が写真撮影している所をたまたま見かけた胡桃っちら二人も、鈍感‘sと命名してましたw 酷いなwww

え?くたばれとか言ってる癖にそんな事言えないって?まあ細かい事は良いからさ。

胡桃っちら二人もデートかしら? 受験が控える三年二学期なんだから遊ぶなよ。高校受験ならまだしも、大学受験なのだから尚一層。リア充共は落第すれば良いのさ!

f:id:tayusuto41:20181203024335j:plain

一方唯翔くん宅にて。唯翔ママに、この前(1話)に来た白髪ロングの美人さんはどうしたの?優しい子なら誰かに捕られないようにちゃんと捕まえておきなさいよっ!、と言われますw

いや言い方や表情も相まってウザったらしくも良いキャラしてる母さんだなぁ。

思春期な高校生の母ってみんなこんな感じなの?ほらグリッ〇マンとか。

でもお母さんの言っている事は正しい。あんな可愛くて美人で優しくて清楚な女の子、そうそう居ないから捕まえておかなきゃ。でも未来から来...おっと誰か来たようだ。

 

一頻り写真撮影を終えて帰途に就きます。瞳美ちゃんが電車に乗り込もうとした瞬間、部長がまだ伝えてない事があると切り出し、なんと遂に告白します。

ま~た電車を使って隠すスタイルの演出w

画面どころか音もかき消されるから多用されるんですよね。ほらやがて〇になるとか。

それに虚を突かれたのか、どうしたら良いか分からず戸惑い焦って、遂には逃げ出してしまう瞳美ちゃん。まるで現実逃避をする僕のようだ(自分にしか分からない喩え)

凄い勢いで転んで怪我したのち、なんとか帰宅。

いや怪我する演出良いですね。これはあった方がなんか余計に瞳美ちゃんが落とされたような気がします。

ここでサブタイ、『さまよう言葉』

遂にこうなってしまいました...もう序盤からいずれこうなると気付いていたけど...

 

 

後半、まず学校の下駄箱で鉢合わせするなり、ちょっと気まずい空気が流れ、露骨に避ける瞳美ちゃん。ここで琥珀が全てを悟る。

教室にて、琥珀に遠回しに告白された事を例えで話す瞳美ちゃん。だがしかし、例えが下手過ぎる!致命傷だ!

琥珀「はい来たー。やっぱそういう話かー」wwww

この話はクラスに筒抜けで、女子は何?コイバナ?と群がり、野郎共は残念がるwww

お前ら惨敗したけど泣くな。まだ琥珀が(ry

一方唯翔、会計で桁を間違えたりと明らかに戸惑っています。10万てwww

やはり何か思う所がある様です。

瞳美ちゃんも塞ぎ込んじゃったしなぁ。

 

一方あさぎちゃん。部室で昨日撮った写真を見ている部長の所へ。

ここでいつもと違う部長を見て、色々と察してしまいます。あさぎちゃん...

そしてあさぎちゃんは教室に居る瞳美ちゃんの所へ。

あさぎちゃんは落ち込んでる?瞳美ちゃんに好きだよ、と優しく言います。だがそれがまずかった。トラウマを掘り返された瞳美ちゃんは、あさぎちゃんに昨日の告白について遠回しに相談します。あーやっちゃったー

刹那、瞳美ちゃんの持つカメラに映っていた写真を見てしまったあさぎちゃんは、部長の写真と酷似している事から、またしても色々と察し、いや真実となります。

好きな人が居るかと聞かれ、片思いしている人が居ると答える彼女。もう明らかに泣きそうな顔と声をしていました。

お願いだからあさぎちゃん報われて!

 

そして、瞳美ちゃんはとうとう決意して、部長を振ります。やっぱりか。

理由は気になる人が居るから。ああ、彼ね。誰かは想像に容易いですが、ここではその事については避けましょう。

その後、瞳美ちゃんが居なくなった部長の所に唯翔が登場。フラれた事を告白。

そして吹奏楽部が音を流す中、部長が「ああああああ」と叫びますw 心が叫びたがってんだ。

それらに対して凄いな、と感嘆の声を漏らす唯翔。確かに、ね。

f:id:tayusuto41:20181203024230j:plain

一方あさぎちゃんが帰ろうとしている所、瞳美ちゃんが声を掛けます。

多分、先ほどの振った事についてなどを言おうとしたんでしょうが、ここであさぎちゃんが「部長の事が好きだった」という事を瞳美ちゃんに告白します。

え!?過去形!? 瞳美ちゃんの表情が!

完全に泣いてしまったあさぎちゃん。

鈍感は人を傷つけるって事か。鈍感はクソ野郎。即ち部長はクソ野郎。つまりラブコメ主人公はクソ野郎って事だな!筋通ってる!

一難去ってまた一難、ちょっと解決したかと思いきや、再び修羅場と化します。

話は重くなり、特にあさぎちゃん、もう見てらんない、可哀想。

負けヒロインあさぎちゃんが幸せになればそれで良いとさえ言うオタクも出るほど。負けヒロインで、優しくて、可愛くて、でも弱い女の子って守ってあげたくなっちゃうから、アニオタに人気が出るんですよね。

もうほんとドロッドロでしたね。凪あすがそうだったし、話の序盤で関係性とか想いとかを察してしまった為、なんとなくこうなるだろうと見当はついていましたが。

まあでも青春らしいっちゃ青春らしいのかな?

放課後の感じとか部活とか友達とか受験とか恋とかはいかにも青春って感じですが、こういうドロドロってのも青春群像劇アニメって感じで良いですよね。

まああさぎちゃんも瞳美ちゃんも全然良く無いけど...

全てを知る琥珀に、どうするのか唯翔に、鈍感で一番最悪な部長。もはや元凶。

ほんと矢印が交差しまくって、絡み合ってて複雑です。一個ずつ紐解いて行かないと。

そんなドロドロ展開さえも打ち消そうな綺麗な作画、流石(作画監督12人という制作体制)

写真を趣味にしたい、長崎に行きたい、長崎で聖地巡礼がてら瞳美ちゃんらみたいに写真が撮りたい、そんな気分になります。

ほんとどうなるのやら。まだ来週も落ちそうで怖いですねw

最終回で吹っ切れる事を祈ります。あとあさぎちゃんも。早く次回を。 

f:id:tayusuto41:20181203024158j:plain


 

 ⇩クリックお願いします!


にほんブログ村

https://ground.fc2.net/blog-entry-1.html