【アイマスステラステージ#3】チュートリアル&駆け出し編 敵である961プロの遣い(美少女)が登場!



👇サイトはこちらに移行しました

f:id:tayusuto41:20190318024556j:plain

 

【前回】

tayusuto41hekuro.hatenablog.com

 

拝啓、お母さんへ。
ステラステージでもブラック企業に勤める事になりました。またしても一人で13人ものアイドルを育てるようです。僕は低賃金でも元気です。

 

前回終盤のコピペから始まる、ブラック企業レポート第二回。

ブラック企業の労働観測レポートみたいになっていますが、至ってアイドルマスターステラステージというゲームのプレイレポートなのであしからず。

前作のストレス部分や不満点が解消されている、と聞いたので、その辺を重点的に、つまり前作と比較しながらレポートして行きます。

 

ちなみにスクショは、右下にステラステージのロゴが付いているものはPS4のスクショ機能でスクショしたもの、ロゴが無いのは直接PCの方でスクショしたものになります。決して何かしら許可を取っているなどではありませんw

 

 

前回に引き続きまだチュートリアルの途中です。

f:id:tayusuto41:20190222230917j:plain

続いてはオールスターライブ。

f:id:tayusuto41:20190222231104j:plain

ユニット編成画面でオールスターライブの出演を組み合わせます。

ユニット編成画面は前作ベースに改善がなされています。

まずユニット名の下にソロとかデュオとかが書かれている部分が分かりやすくなっています。

それにアイドルのレベルの上には何やら顔マークが。これは今作から導入されたオフ制度のアイコンです(後述)

f:id:tayusuto41:20190222231347j:plain

オールスターライブでの楽曲選択画面にも改善点が見受けられました。

前までは選択した楽曲順が選んだ楽曲の上に表示されるだけでしたが、今作ではその上に更に選択した楽曲に分かりやすく飛べるようになっていました。

 

そして今作初オールスターライブ。楽曲難易度はまたしても今作初のMASTERでプレイ。

はい、なんですかこの譜面重ね技。

f:id:tayusuto41:20190222232012j:plainf:id:tayusuto41:20190222232031j:plain

前作には無かったですよこんなのwww

はい、明らかに音ゲー部分のライブが難しくなっています。

前作の難易度MASTERが今作の難易度PROに当たるでしょう。それくらい今作は強化されている事が垣間見えました。この後も他の楽曲でプレイしましたが、重ね技は健在です。

正直長押し同士の重ね技ならまだしも、長押しに単発のフリックが来るのがとても厄介ですw

〇ボタン長押ししながら△ボタン長押しとか、△ボタン長押ししながら▢ボタンで4分の4拍子のリズムを刻むとか難し過ぎるだろ...

結論:デュアルショック音ゲーに向いたコントローラーじゃないw

ま、まあその中でもいかに音ゲーさせるか、音ゲー慣れしてる人にも難しいと思ってもらえるかを工夫しているところは伝わって来ます。

どうせいずれ慣れるんでしょう。最初MASTER難易度とか絶望的で無理だわwwwとか嘆いていたけれど、数回プレイしたら普通にクリア出来る程度になりましたから。

f:id:tayusuto41:20190222232733j:plain

初オールスターライブの成果はこんな感じ。

まあ最初はこんなもんでしょう。ゲームの序盤は大体自由度が乏しいですが、ゲームを進めて武器装備を強くして行くと強敵が倒せるようになるように、どんなライブでも余裕でクリアしてファンを数万人獲得出来るようにいずれなりますから。

 

その夜、ライバル事務所の961プロの社長、黒井社長に遭遇します。

f:id:tayusuto41:20190222233230j:plain

f:id:tayusuto41:20190222233139j:plain

ああ、アニメ版アイドルマスターで散々765プロに嫌がらせしてた、ジャニーズみたいな三人組の男アイドルユニットを育てて‘‘いた‘‘ブラック事務所ね。

確か765プロの社長と昔組んでたりと仲良くしてたらしいけど、その後意見の相違や方針の違いが浮き彫りになって対立して、別々で事務所を立ち上げたんだっけか。

今作では三人組の男アイドルユニットの変わりに、可愛い可愛い女の子のアイドルが出るらしいけど、まだ顔を出しては来ない様です。

そう言えばあの三人どうなったんだか...アニメでは事務所を辞めたから、そのストーリーを引き継ぎつつも、アニメ版のシナリオをベースにストーリーを再構築した感じに今作の物語は出来ているのでしょうか。その辺りも必見です。

 

f:id:tayusuto41:20190222234134j:plain

そしてチュートリアルという名の拘束から解禁され、プロデュースモードのトップ画面に戻って来ました(スクショはしばらくプレイして全てのモードが解放された後に撮りました)

この画面でも前作からの改善点が見られました。というかこのプロデュース画面が一番改善点が見られるでしょう。

まずUIのロゴが前作より変更されていて、前作よりより分かりやすくなった、かつオシャレになっています。

 そしてUIが変更されています。

全体的に左よりになり、この1画面で全てが解決出来るようになっています。

前作では、例えばアイドルの衣装を変更する際に、まずマイクのアイコンを選び、ロードを挟んで次の画面でアイドル編成、アイドルステータスなどが並ぶ画面の中から衣装変更のアイコンを選んで衣装を変更し、また元の画面に戻るという面倒な作業、無駄なロードが多くありましたが、今作ではそれが無い。

今作では前作同様マイクのアイコンを選んだら、そこからパレットのようにアイドル編成、衣装変更などが出て来るので、そこから衣装変更を選択すれば一瞬で衣装を変更できる画面に行けます。

簡潔に言えば、UIの改善により、無駄な画面を設ける必要が無くなり、無駄なロードや面倒な作業が減ったのです。

f:id:tayusuto41:20190223000241j:plain(比較用:因みに前作のトップ画面)

 

ただ、上のスクショを見てもらえれば分かる通り、字が小さいw

よく選択するライブと営業&レッスンが一纏めにされましたが、その際に字が小さ過ぎて見えないんですよねw いやお前の目が悪いからだろという意見も勿論分かりますが、そういう贔屓目無しで見てもちょっと小さいんじゃないかなって。

32インチのフルHDモニターでプレイしていて思いますた。はい、視力0.4なのに眼鏡無しなので眼鏡買います。

 

f:id:tayusuto41:20190222235913j:plain

アイドルステータス画面も全体的に改善されていました。

何より見やすくなった、その一言に尽きます。

各アイドルの顔、名前、コンディション、ランク、親密度、レベルが簡単に書かれ、そこに操作を持って行くとそのアイドルの詳細情報が見れると。

 

f:id:tayusuto41:20190223000811j:plain(比較用:前作のアイドルステータス画面。やっと13人全員プロデュース出来るようになった時の。今思えば懐かしい…w)

 

f:id:tayusuto41:20190223001034j:plain

今日から始まる!本格的なお仕事!

その前に、まだ感想を述べていなかったので、このライブ決定画面も。

基本的にUIは前作と変わりませんが、ライブが人数ごとに別けられました。

トリオ、デュオ、クインテットスペシャルetc…

 

f:id:tayusuto41:20190223001517j:plain

そしてある日、見知らぬ美少女と遭遇...

ブコメの予感!?かと思いきや...961プロの遣い、詩花ちゃんでした...

実は公式サイトやパッケージで知ってたなんて言えない。

765プロのアイドルたちより上を行っているという、例のオーストラリアからの帰国子女。

CV高橋李依って本気やなぁ。けど何故だろう、りえりーはアイマス声優って呼ばれて無い...今作初登場だし声優さんたちによるリアルアイマスライブにも出たことが無いから存在感無いのかしら...

f:id:tayusuto41:20190223001720j:plain

961プロ所属、つまり敵なので、この後この娘とどうなって行くのやら楽しみです。

 

 

明確な目標にして倒すべき敵が出て来たところで、今回はこの辺りで。

次回、プロデュース続き&新モード解禁の二本立てにして、ブラック企業レポート第三回です。

まだまだ駆け出し、これからも長くブラック企業で働きまSwitch。

 

 

⇩クリックお願いします!

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

https://ground.fc2.net/blog-entry-1.html