【2019年冬アニメ】2月25日~3月3日放送分のアニメ感想(上野さん、バンドリ2期、約ネバ、五等分、ドメカノ、かぐや様、SAO3期 他)



👇サイトはこちらに移行しました

※放送順に並んでいます

※視聴後すぐに感情に身を任せて書き殴った感想です。変なこと書いてる可能性は無限大です。

 

上野さんは不器用 8話

前半、「じゃろがい!」が炸裂www

ロマンシングサガでもゾンビランドサガでも無く、佐賀の方言ですね。多分次期のゾンビランドサガ狙ってたんでしょう(過去形)

 

後半、田中の妹登場。まさかの双子という事で二等分の花嫁でした。

そして相も変わらず堀川君に劣らぬレベルでサイコパスな田中兄。

あと上野さんは一体何を考えていたんだか……

 

今回からEDも変わりました。よく変わるね。

ニコ動ではコメント職人のコメントが見られたのでもうそれだけで良いです。

あとはいつもどーり。

 

バーチャルさんは見ている 8話

もうやめにしませんか?

最高の睡眠導入剤。気が付いたら朝。

そう言えばこれまで言うのを我慢してたけど、思っていた事があります......エヴァを馬鹿にしてんの?

はい、書くことが無くなったのでキービジュの段階から気になっていた事柄をロンギヌスの槍で突きました。

もはや感想じゃなくてネタの書き込みですね。これが僕なりのこの作品に対する扱い、いじりです。どうせ何故か発売する円盤が爆死するのだから、せめてでもいじってネット民の玩具として丁寧かつ雑に扱って行きましょう(矛盾)

は~い

 

バンドリ2期 9話

文化祭のポピパ一周年ライブと幼馴染の居るレイザースイレンのライブがダブルブッキングしてしまったおたえ。彼女は両方選ぶことにしました。

それは勿論仇となって出て来て、文化祭ライブでスケジュールをズラしてもらったにも関わらずなかなか来ないおたえ。

香澄は迎えに行く中、六花ちゃんとRoseliaがその場を繋ごうとしてくれました。

六花ちゃんのギターソロ演奏カッコよすぎてマジで鳥肌が立ちましたw

Roseliaは僕が一番好きなデミネを披露してくれたので感無量です。演奏から走るおたえを映すまでの演出全て良かったです。

 

そして肝心のおたえですが……間に合いませんでした。間に合って一周年ライブ成功させて9話終了する流れかと思ってたので不意を突かれましたw

残念がる香澄、嬉しがりつつも困惑の表情を浮かべるりみりんと紗綾、一人怒りを表す有咲。

そして自分のせいで文化祭でのポピパ一周年ライブを行うことが出来なくて泣いてしまうおたえ。流石に重い責任を感じているのでしょう。

有咲は優しい言葉を掛けようとするもやはり許せず、帰ってしまいます。

うわぁー完全にギスギスドロドロ展開キタわこれ。この辺りで話を落として、最終回でドバン!と咲かせるのでしょう。

完全に重い展開へと変わって行ったポピパ、そしてバンドリ2期。本当に自主開催ライブは成功するのでしょうか。

 

約束のネバーランド 8話

前回シスターがママから貰った手紙、それは第4プラントのママになる、言わば昇格の報告でした。が、そんな訳が無い。これは実質的なママによるシスターの排除。

結局シスターは門へ行くと偉いおばさんみたいな人から、罠でありママとのグルであった事が遠回しに教えられ、殺されました。

シスターの過去の回想に入ると、ママを目指して奮闘する姿が描かれており、普通に昔からママを目指していた、ただそれだけだったようです。

彼女が最後に願った願い、それはこのクソみたいな世界であのクソみたいな所からエマたちに逃げてもらう事でした。

 

後半、エマたちによるママ排除計画が遂行。が、ママの犬だったはずのレイはずっと演技をして嘘をついていた裏切り者だということが前からママにバレていた事が発覚し、部屋に閉じ込められて。その後にドンに助けてもらうも、その前にママから言われたのは実質的な排除の通告でした。

合図が無かったドンとギルダはママに目を付けられ、下見に行ったエマとノーマンはママに追い詰められて。

最後の最後まで抗うエマたちでしたが、エマはママに足の骨を折られて、ノーマンは翌日出荷される事を宣告されました。これはそう、エマへのイエローカード提示とノーマンの実質的な排除と同義であって。

 

シスターの排除、エマへの警告、ノーマンとレイの実質的排除と、既にママの策の内であり、その策に見事ハマり、シスターに関しては勝ち目が無かった…と、ママの完全勝利にも等しい結果となりました。

ママのチートっぷりというか高スペックっぷりが存分に伝わって来ました。

もうこれゲームオーバー一直線でしょ…ここから脱走まで漕ぎ着ける事は出来るのか?

 

五等分の花嫁 8話

更に作画酷くなってて草。

前クールの伝説と言われたいもいもと同じ崩れ方をしています… てか作画崩壊に崩れ方ってあるのかよ…

本当に少しだけ崩れてない場面があったり、静止画はなんとか大丈夫だったりと、まあ伝説を作るほど顕著に酷いという訳でもありませんが、不安定で不自然なのは確か。

原作と声優に頼ってしまってる感がどうしてむ拭い切れません。原作は最高だけどさ...

 

ストーリー的には、風太郎が三玖のコロッケを食べて腹壊して横たわってる所に、二乃と五月が来てああだこうだするシーンが良かったですね。あれ絶対スカートの中見えてただろ風太郎よ…

 

あとは二乃が可愛かった。今回実は二乃のツンデレという萌え要素が一番上手く出ていて、一番可愛く映ってたのでは?

寝起きのシーンだけは作画崩壊して無かったりと、そのニ乃メインのシーンは今回で一番力入ってたしw

f:id:tayusuto41:20190306011854j:image

序盤は三玖推しだったけど、今では二乃推しです。

ツンデレ最高!!!

 

ドメスティックな彼女 8話

更に昼ドラは加速して行きます。

まず新キャラ投入。アメリカからの帰国子女で、校舎内を自転車で駆け抜ける馬鹿で金髪ですが、根は普通に良い奴そうでなによりです。声優さんはいもいもの主人公と同じ人ですが、クレジット見るまで気付きませんでしたよw

その後新キャラと主人公で下着泥棒を追って捕まえるというのが序盤の流れ。貧乳のブラを狙ったロリコンだったとは恐ろしい…

 

中盤、紆余曲折経て良い雰囲気になって接吻する主人公とるいるい。そこへ先生がやって来てしまい、見られてしまいます。

先生は驚きを隠せず、悲しそうにしながら部屋に閉じこもり。そしてるいるいは自分が主人公のことが好きだという事と、家族だけど血は繋がってないからとこの恋に間違いは無いと宣言します。

でも家族だからと宥める先生。

 

しかしこれがフラグとなる。

朝、先生は一人暮らしするという事を決めます。それを残念がる二人でしたが、お父さんの意向により家族で夏祭りへ行くことに。

そこで先生と二人きりになる主人公。一度は逃げられてしまうも、マスターなどの知人のお陰もあって留める事が出来、再び話し合い。

そこで先生が本音を語ってくれました。主人公とるいがキスをしていたのを見て、家族が崩壊しないか心配で泣いたとか、家族間でそんな事があるなんて悲しいとかでは無く、単に嫉妬して泣いたんだと。

嫉妬、そう妬いたのはるいに。つまり、主人公が本当は好きなんだと、好きだったんだと。気付いたのか、隠していたのか。

そんな事を考える間も無く、主人公は先生を抱きます。慣れてるねぇ…流石冒頭から童貞消失しただけある。

両思いとなった主人公と先生、先生の一人暮らしやるいのこともある中、果たしてどうなるのか。

実の妹にあれだけ家族間の恋はいけないと説いたのに、これはどうなんだ…

もうドロッドロの昼ドラ展開しか予想出来ませんw

 

かぐや様8話

一つ目の話は会長の妹が登場。ちょいツンデレの普通に可愛い白髪妹じゃないか。

てか会長の金髪と言い、あれは地毛だから許されてるんですかね?

かぐや様が妹に接近して、会長の周りを囲んで会長とお近付きになろうと企むも、全て的が外れてて、というか先を越されてて草生えました。

藤原書記には美味しい立場を散々買っさられて、地球の害とか言ってましたが、誘われた瞬間にコロッと手の平返しした所には更に草が生え散らかしました。ヤンデレ超自己中心的貧乳(全部ネタだよ)かぐや様すこ。

実は会長妹とかぐや様が両思いというのも良かったですね。流石血の繋がった家族、会長と同じだわ。

f:id:tayusuto41:20190304202212j:image

二つ目の話は期末試験。

ナレーションの「嘘である」連発が最高に面白かったですw  嘘で塗り固められた生徒会ってか。

期末試験の結果は、会長一位死守、追い掛けるかぐや様変わらず二位、騙された藤原書記順位後退、石上会計はなんとか順位を上げたという結果に。いや藤原書記カワイソスw

会長はめちゃくちゃ努力したけど、それを全て隠して平静を装いつつも、裏でめちゃくちゃ狂喜乱舞してたり。かぐや様はまた負けたと裏でめちゃくちゃ悔しみ惜しみ泣き喚いていたり。

皆様ちゃんとキャラが立ってて可愛いですね。

f:id:tayusuto41:20190304202224j:image

三つ目の話は、期末試験の裏、かぐや様が石上会計をしごく……じゃなくて赤点回避して退学を免れる為に勉強を教え込むという話でした。

完全に石上会計が陰キャ特有の被害妄想やら何やらに走ってましたが、ギリ赤点回避して退学イエローカードから免れたようで良かったです。これでも生徒会メンバー。

また中等部では不登校だったという事が明かされました。平気でテスト週間にピコピコ(ゲーム)ばっかやってるからそうだと思いました。在りし日の石上君の姿を見ると、まだ闇に墜ちる前のカッコイイ姿で、裏主人公っぽいなぁと感じました。あー完全に自分だから照らし合わせて石上会計を見てしまうー。

かぐや様はヤンデレに加えてドSでした(知ってた)

真顔で走るシーンは腹を抱えて笑いましたねw

でも、人を噂だけで判断せず自分の目で判断する、と石上会計を悪く言う女子たちに宣言していたシーンはカッコよかったです。一生着いて行きます。

f:id:tayusuto41:20190304202236j:image

今回はまとまりのある回で、変わらず作画も面白さも高水準を保っていて凄く良かったです。

f:id:tayusuto41:20190304202308j:image

 

SAO3期 20話

無事建物の中に入り直す事が出来たキリトとアリス。

アリスは前回右目の封印を解いた?ため、キリトに治癒してもらって眼帯をしてました。

f:id:tayusuto41:20190305003846j:plain

ごめん、ニーアオートマタの2Bにしか見えないw

その右目が見えないアリスにキリトは、右側は俺が守るよ、ともはや口説きにも似た言葉を掛けてましたw カッコいいけど今更感が。

 

そして向かったのはユージオと騎士長が戦っていた場所。元は温泉があったはずなのに、氷漬けにされてあられもない状況になってるじゃないですかw

そこで騎士長は前から最高司祭の動向に疑惑の念を抱いていたことを知り、もう私は終わりだから小僧(キリト)が嬢ちゃん(アリス)を守ってくれと言っていました。

ああ、お前は良い奴だったよ...(あっさり

 

次に向かったのはスケキヨがいっぱい居る部屋w これがほんとの犬神家の一族www

この部屋で起こったことは全てキモイと思いました(小並感)

そしてピエロの元へ。アリスが怒りの念を尖らせますが、ここで殺すことが出来ませんでした。毎回思うけど、ダラダラ話してないでさっさと刺せば済んでた事じゃね? ま、まあそうしたら話が盛り上がらないしね、うん。

また、アリスがこちらに連れ去られてからの過去の話を少し覗く事が出来ました。なんて健気なんだ。こんな子を連れ去るなんてけしからん。

 

ピエロに逃げられ、上がって行った先の部屋に現れたのは、最高司祭直々に洗脳された洗脳済みのユージオ。性欲...じゃなくて色々なモノに負けたのか。

キリトとユージオが剣を交えた所で20話が終了。

絶対今回はユージオと戦わないと思った。絶対良いところで終わらせて来るの知ってるから!アニメの伝統行事だから!

剣技を教えた師匠とその弟子の師弟対決にして、裏切られたまたは仲間割れした相棒同士の対決にして、あのアリスの時と同じように誰かを救う為の対決。

一体この戦いはどうなるのやら。一筋縄では行かなさそうですw 

f:id:tayusuto41:20190305004959j:plain

 

マリアナフレンズ 7話

毎回話が有耶無耶で、なんとな~くで靄が掛かったまま終わる事が多いなと感じるのですが、今回は一番よく分からなかったです...

かくれんぼを始めた二人でしたが、鬼のアンの方が隠れるグレアの名前を連呼しても勿論出て来る事は無くて、そこまでは良いんですが、何故か寂しくなってしまったのか泣き出してしまいます。

結局グレアを捕まえてかくれんぼは終わりましたが、これもグレアを見つけ出す作戦だったのか、単に寂しかったのか、早くイチャイチャしたかったのか。

やっぱ女心ってよく分かんねえや! その辺りの再限度は完璧ですね。

でもまあ百合は面倒で遠回りだからこそ良いんだよ。色々辛いことや悲しいこと、時たま嬉しいことが沢山あって、畢竟結ばれた時のハッピーエンド感は異常。

だからもう少し彼女たちに辛い思いをさせましょうや( ̄▽ ̄)ニヤリ

そうしたら感動出来る百合作品の完成。今からでも立ち直せる!

 

⇩クリックお願いします!

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

https://ground.fc2.net/blog-entry-1.html