「五等分の花嫁」9巻を購入!&9巻の感想



👇サイトはこちらに移行しました

【1巻~8巻大人買い&推しへの愛を語る記事】

tayusuto41hekuro.hatenablog.com

【1巻~8巻を読んだ感想】

tayusuto41hekuro.hatenablog.com

 

 

どうも、二乃との新婚生活を満喫中のHeihoたゆすとです。

 

4月17日に満を持して発売された「五等分の花嫁」単行本9巻。

先月1巻~8巻を購入し、二乃にガチ恋して春場ねぎ信者になったので、勿論9巻も購入して参りました。

f:id:tayusuto41:20190419004602j:plain

いや~三玖も可愛いっすね~

アニメ放送前に連載で序盤の辺りを読んでる頃、三玖のタイツ脱ぎ脱ぎシーンでやられて三玖萌え~とかTwitterで呟いていたのを思い出しました。

 

 

●読み終えた感想●

物語は三年生編に突入し、既に若干クライマックス手前臭がする展開へと進んで行きました。

大学生編は多分無い、高校卒業から急に結婚式に話が飛んで、五人の内の誰と結ばれたのかが分かって作品の幕が閉じると憶測してるので、まだ作中の時間で一年は話が続くと勝手に思っています。

話が進んだという事は、勿論五つ子それぞれに心情の変化があった訳で。

 

一花は完全にゲスの方向へと歩みを始めている気がしてならない。先週原作勢から一花に対する悪口雑言や罵詈雑言が大きく話題になり、軽く炎上騒ぎになった一端が垣間見えた気がします。

三玖に変装して風太郎に自分を意識させるように出向いたり、一人だけ抜け駆けして誕生日プレゼントを渡して自分で夢中にさせようとしたり、本当に戦い方がゲスいw

五つ子で一番独占欲が強く、実は性格が一番悪いのでは...と思いましたw

これから更に黒さを増し、ゲスの極みになって行く事が、先述したアニオタによる一花への悪口ラッシュ事件から十分に予想する事が出来てしまう。

ブコメ漫画って徐々にヒロインを掘り下げて行くし、読者が皆次の展開と最後の結末を知りたがるし自分の考える物にしたがるから、突如として軽い炎上騒ぎになる事は多々あるよね。

 

二乃は更に積極的に攻めて行くぅ~! 同じバイト先という自分だけの長所を生かして、風太郎にほぼ直球で恋に落とそうと攻撃を仕掛けて来ます。

投げキッスは真面目にベットに倒れて三分ほど悶絶した。あと耳元で「フー君♡」って囁かれたい。

相変わらず一番可愛いです(個人の感想が多分に含まれております)

あのバイクでの告白からもう自分に素直になって、ツンからデレへと移行し、完全にブレーキが壊れていますw 一花の咎めも、三玖の抑止も今のコイツには効かない!

誕生日プレゼントで疲労回復効用のあるアロマを選ぶというシーンからは、二乃のセンスや本気さが伺えます。林間学校前の服選びのシーンを思い出す...彼女は本気だ!

 

また、その風太郎への誕生日プレゼントにもそれぞれ個性が出てました。この作品は五つ子という容姿の似た五人がヒロインという素晴らしい設定を全面に押しながらも、各キャラの個性を全員違う方向に伸ばすのが本当に上手いとつくづく思います。

ちゃんとそれぞれの設定である所の性格と辻褄が合っているというか。

ここで一花が焼肉行こうと言い出したり、二乃が遊園地のチケットをあげたら、あれ?この子たちそういう性格だったっけ?となりますからね。

 

三玖は今回表紙を飾ったにしては、出番や見どころが少なかったなぁという印象。

アニメで描かれた1巻~4巻がピークだったのでは。

 

四葉はやっと攻撃を仕掛けて来たという感じ。同じ学級長という切り口からまさか攻撃をして来るとは...

それでクラスの女子からは「二人出来てるんじゃない?」と噂され、どちらかと言うと四葉の方が満更でも無いというw

いよいよ風太郎を意識し出したという印象です。

 

そして五月。今の所一花とは別次元で一番の問題児。

9巻の終盤、主に77話で、例えるなら傷だけ付けて行って当て逃げした車。物凄く後味が悪いというか、モヤモヤが頭の中に残ってサッパリしません。

隠し事を一つ言うという条件から風太郎が隠し事を一つ言ったのに、安定の空気を読まない(読めない)四葉さんが邪魔をして五月の隠し事が明かされませんでした。

そして五月から落ちたあの2ショットの写真と、段ボールに入った何かの衣装。

これは五月が5巻で現れた零奈の正体という裏付けか!? いやまあ何となく五月だろうとは予測していたけれど...

この予測がもし当たっているなら、もう五月メインヒロイン確定ルートなのではw

やはり大多数の人間が予想してる通り、メインヒロインは五月なのか!?

 

そう思わせながらも、真実や先の展開が気になる終わり方をした9巻でした。

アニメも漫画も必死に次回を観させる為に終わらせるよね! 最近はかなりそういう手法は減って来ましたが。

 

 

次回の単行本10巻は修学旅行編、に持って行く班決め?

六人全員が同じクラスになるという現実では100%在り得ない、ストーリー上の御都合主義な、けれどラブコメに取ってはもはや当たり前となった展開によって、より混沌を極める班決めと修学旅行になる予感が、単行本最後の次巻予告からプンプンします。

定員は五人までという時点で察し。女同士、五つ子内の喧嘩や一人の男の取り合いが起こる事は容易に想像出来、また第三次世界大戦が起こっても良いように覚悟を決めています。

発売は二か月後の6月17日。例の如く二ヶ月ごとの刊行ペースらしいです。

発売日に購入してその翌日に読破してしまうほどなので、流石に二ヶ月は待てませんw

マガポケの連載でここから追って行き、お金があれば単行本の方も買おうかなと思っております。

これが五等分の花嫁最後の単行本購入にならない事を祈りつつ、

f:id:tayusuto41:20190419015817j:plain

(9巻への簡潔な感想)

 

 

⇩クリックお願いします! 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

https://ground.fc2.net/blog-entry-1.html